読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこにこにっき

「結婚願望ありません」と言っていた私が結婚して子どもを産んだらこうなった

あけましておめでとうございます

2016年に突入してもう6日も経っているのに、タイトルが「あけましておめでとうございます」なんていつまでも正月気分でスミマセン。

 

年末年始、みなさんはどのように過ごされましたか?

私は、気づいたらもう今日は1月6日だった!!って感じです…記憶喪失か。

 

さて、正月と言えば年賀状ですよね。

子どもがいたら年賀状ってけっこう気合い入れる人が多いと思うんだけど、我が家は私と夫の性格上 年賀状にそこまで入魂できないんで、家族の写真と【Happy New Year】とサルのイラストというデザインのいたってノーマルな感じのやつを制作時間1時間くらいで作りました。 

子どものいる友達からは「スタジオアリスで撮ったやつか」って思うようなフリフリのドレスを着たやつとか、金太郎みたいな格好をさせられた赤ちゃんとか、なんのコメントもなしにハガキ一面子どもの顔のどアップとかいろんな年賀状がきて、我が家の年賀状との温度差を感じました。

 f:id:shiotaman:20160106015616j:plain

子どもがいなかった数年前は、このテの年賀状が来たら「何コレ…」って感じだったけど、今は多少の温度差はあるけれどこういう気合いの入った年賀状を作る親の気持ちはわかるなあ。 

なので、フリフリのドレスを着たお姫様の写真が載った年賀状が来ても、「2016年だけど、まだアナ雪?」ってツッコんだりはしないし、赤ちゃんに金太郎みたいな衣装を着せて(端午の節句の時だと思われる)「かわいい〜」と言って喜ぶ親の姿も目に浮かぶ。

年賀状を作る時にハガキ一面に子どものどアップを載せたいと思うのもわかる。 

ほとんどの友達は子どもがいるので、子どもの写真が載ったいろんなバージョンの年賀状が届くわけですが、いろんな子がいるなあって思う以上にいろんな親がいるなあ…と思った今年のお正月でした。

 

さて、2015年11月から突然思い立ち始めたこのブログですが…

読んでもあまりためにならない内容にも関わらず(自分で言うのもなんですが)読んでくださっているみなさま、ありがとうございます。

今年もあまりためにならない内容になる可能性大ですが、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村