読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にこにこにっき

「結婚願望ありません」と言っていた私が結婚して子どもを産んだらこうなった

イモムシとドレミの歌

先日、ショッピングモールに行った時のこと。

わが家が時々 買い物に行くショッピングモールには、小さい子どもが無料で遊べるスペースと、その隣にボールプールやトランポリンなどの遊具で遊べる有料ゾーンがあって、うちのリコちゃんはいつも無料スペースで遊んでいます。

その日も、いつものように無料ゾーンで遊ぼうとしたら、リコちゃんと同じくらいの歳の子どもが隣の有料ゾーンに入って行くのを見て、

私も有料ゾーンに行きたい!!!!

と言わんばかりに私の手を引っぱって、有料ゾーンの受付まで連れて行こうとするリコちゃん。

抱きかかえて無料ゾーンに引き戻すも、またまた私の手を引っぱって有料ゾーンに行こうとする。

何度かそれを繰り返しているうちに、私も根負けして(つーか疲れた)40分500円の有料ゾーンで遊ぶことにしました。

この前 行ったキドキドは大人も入場料を払わないといけなかったけど☟ここは子どもの入場料金のみで大人も入れる。

shiotamanred.hatenablog.com

キドキドよりショボいけど(失礼)、子どもは楽しそう。

いろんな遊具で遊んでいたけど、唯一イモムシ?のトンネルは、なんだか嫌がって入りたがらない。

「よし!お母さんが見本を見せるから!」と意気込んで入ってみたところ…

思ったより狭い!!狭すぎ!!

四つん這いで進もうとするんだけど、お尻のへんがつっかえる! 

やっとの思いで出てきたら、出口のところにいた他の子どもとお母さんが「大人がやってる…」という表情で私を見ている!

そしてリコちゃんがいない!

f:id:shiotaman:20160303192324j:plain

トンネルにつっかえた私を置き去りにして、リコちゃんは音の鳴るマットで遊んでいた…

f:id:shiotaman:20160303184809j:plain

「じゃあ、お母さんがドレミの歌を弾いてあげるねっ!ド〜はドーナツのド〜♪」

足で弾くんでけっこう大変!

そして「レ〜はレモンのレ〜♪」で振り返ったら、またリコちゃんがいない!

一生懸命 足でドレミの歌を弾く私を置き去りにして、今度は受付のお姉さんのところに行って愛想を振りまいている!

そして同じ歳くらいの子どもが遊び終わって退場するのを見たら、まだ時間が余ってるのに

私も出る〜!!

と言わんばかりに出口から出て行こうとする。

「えっ、まだあと10分くらいあるよ!?ほら、さっきのイモムシのトンネルやってみたら?」

「ヤダ〜」

「じゃあピアノやったら?ドレミの歌 弾いてあげようか?」

「ヤダ〜」

「え〜わざわざ入ったのに〜」

「ヤダ〜」

 

私は思った。しばらくこの有料ゾーンには近づかない、と…

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村