にこにこにっき

「結婚願望ありません」と言っていた私が結婚して子どもを産んだらこうなった

オムツ卒業宣言〜わが家のトイレトレーニングの道のり〜

育児をしていると、さまざまなターニングポイントと言うか、節目みたいなものってありますよね。

首すわり・寝返り・おすわり・はいはい…喃語が出てきて、おしゃべりしだす…とか。

わが家にも、ついにオムツ卒業という記念すべき時がやってきました!(パチパチ)

ここで、リコちゃんがオムツ卒業に至るまでの道のりを振り返ってみたいと思います。

トイレトレーニングの道のり〜ウンチの時にカーテンに隠れる(1歳8ヶ月)

まずトイレトレーニングの前段階として、リコちゃんは1歳8ヶ月くらいの頃からウンチの時に必ずと言っていいほどカーテンに隠れるという行動を見せるようになりました。

この時はまだオムツでしたが【カーテンに隠れる=ウンチ】というぐあいに、排泄のタイミングがわかるようになってきたし、言葉で「チッチ(おしっこ)」と伝えられるようにもなってきたので、補助便座を購入して、本格的にトイレトレーニングを始めました。

でも、最初は「チッチ」と言うのでトイレに連れて行ってみても出ない時が多く、なかなか成功しませんでした。

少しずつトイレでできるようになる(2歳)

2歳になる直前にやっとトイレで成功。

保育園でもトイレでウンチができたりしたけれど、この時期はまだまだ成功率はものすごく低かった…

おまるにしたら成功率UP(2歳1ヶ月)

それまで家では補助便座で練習してましたが、母からおまるを薦められ、IKEAでおまるを購入。

リビングに置いておいたら【したい時にすぐにできる】という手軽さがよかったのか、成功率がグッと上がりました!

リコちゃんがおまるを使用したのは3ヶ月くらい。

おまるは使用期間が短いので、このIKEAの安いおまるで十分でした。

トレーニングパンツをはき始める(2歳2ヶ月)

トイレでの成功率もますます上がり、保育園の先生からも「トレーニングパンツで練習しましょう」と提案があったのをきっかけに、トレーニングパンツをはき始めました。

保育園では、先生たちがトレーニングパンツのことを【おねえさんパンツ】と呼んでいるんですが、この【おねえさん】というのが、なんだかちょっと大人(?)になったみたいでうれしいのか、自分からパンツをはきたがることが多かったです。

いろんな柄を用意したんですが、それを選ぶのも楽しかったみたい。

この時期は、外出の時は念のためオムツをはくこともありました(夜はもちろんまだオムツ着用)

オムツは夜だけに(2歳3ヶ月)

日中はもちろん、外出先でもちゃんとトイレでできるようになってきたので、オムツをはくのは夜だけにしました。

この時期はまだ朝になるとオムツに出ていることも少なくなかったです。

でも、日中に失敗することはなくなったので、温泉にも入れるようになって楽しみが増えました♪

ちなみに再び補助便座でもするようになり、しだいにおまるの出番はなくなっていきました。

トレーニングパンツ卒業(2歳7ヶ月)

もっと早く普通のパンツにしてもよかったと思うんですが、なかなか買いに行けず…

この前やっと普通のパンツにしました。

トレーニングパンツって厚手なので、夏になる前に普通のパンツにできてよかったです(暑いもんね)

夜のオムツ卒業(2歳8ヶ月)

夜だけオムツにしていたリコちゃんですが、朝オムツを見ても出ていないことがずっと続いていたので、ついに夜のオムツをやめてみました!

ほんのたま〜〜〜におねしょをしてしまうこともあるけれど、頻度はすごく少ないので、このまま夜も普通のパンツで寝るのを続行します。

ということで、ここにオムツ卒業を宣言したいと思います!

早いのか遅いのかはたまた真ん中くらいなのかわかりませんが、とりあえず「やばい〜、オムツなくなる〜、買いに行かなきゃ〜」というのがなくなったことと、大量のオムツのごみを捨てる手間がなくなったのがうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村